www.pechanphotography.com

自己破産を検討する人で抱えているローンに関してほかに保証人を立てている場合にはあらかじめ連絡しておくべきです。ここで、強調したいのですが、借金に保証人が存在する場合は破産前によくよく検討しなければなりません。なぜかというとみなさんが破産手続きを取って免除がおりると補償する立場の人がみなさんの負債をまとめて負う義務が生じるからです。やはり、自己破産手続きの前に保証する人に過去の現在の状況について報告し、お詫びをしなければなりません。保証人となる人からすれば当然必要なことです。借金をしたあなたが破産するためにまったなしに数百万もの負債が回ってくるわけですから。それで、以降のその保証人の取るべき手順は次の4つです。1点目ですがその保証人が「いっさいを返す」ことです。保証人自身がいつでも高額な金額をいともなく完済できるほどのような財産を持っているならば、この方法を取ることができるでしょう。そういう場合はむしろあなたが自己破産せずにあなたの保証人にお金を貸してもらって自身は保証人に返済するという選択肢もあるかと思われます。保証してくれる人があなた自身と親しい関係にあるのならば、ある程度完済期間を延期してもらうこともありえます。いっぽう一括で返金ができない場合でも貸方も話し合いにより分割による支払いに応じてくれるかもしれません。あなたの保証人に破産手続き実行されると、お金が一銭も戻らないリスクがあるからです。保証人がもし保証した返済額を全額背負う経済力がなければ、借金したまた同じく債務整理をすることを選ばなければなりません。続いてが「任意整理をする」ことです。貸方と示談する方法でおおよそ5年弱の期日で返済する形を取ります。実際に弁護士に依頼する場合の相場は債権者1社ごとに約4万円。もし7社から契約があったなら28万必要になります。必要な債権者との示談を自分でやることも不可能ではないですが経験と知識がない素人の場合債権者側が自分たちにとって有利な案を勧めてくるので、注意が必要です。任意整理で処理する場合は保証人となる人に負債を負ってもらうわけなので、あなたはちょっとずつでもその保証人に返していく義務があります。3つめは保証人となる人も破産した人と同じように「破産する」ということです。保証人となっている人も債権者とともに破産手続きをすれば保証人となる人の負債もチャラになります。しかし、保証人がもしマンション等を登記しているならばものを失ってしまいますし、資格制限がある職業についているのであれば影響があります。その場合、次の個人再生を検討するといいでしょう。では4つめの選択肢ですが、「個人再生による手続きを取る」ことです。住宅等の不動産を残したまま負債の整理を行う場合や、自己破産手続きでは資格制限がある仕事にたずさわっている場合にふさわしいのが個人再生による整理です。この処理の場合、不動産は残せますし、破産申し立ての場合のような、資格制限等は一切かかりません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.pechanphotography.com All Rights Reserved.