www.pechanphotography.com

簡単に言えば、任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは異なり、自賠責保険だけでは補うことが難しい補償を考慮している重要なものです。この任意保険という保険は自賠責保険の上乗せ保険ということで有用なものですので自動車損害賠償責任保険の限度額を上回った際に役立ちます。それから自賠責保険では対物損害については保証されていないので物的損害を補う際には任意保険にも入るのがいいと思います。現段階で任意保険を納めている自動車を処分する場合は国産自動車あるいは外車ということは例外なく残っているお金が返ってきます。これは国産自動車の売却の際も例外ではありません。自賠責保険、普通はかけたままにしておくのが通例ですが任意保険の場合は皆が加入する保険ではありませんので契約解除ということになります。そして、中途解約した後は既に 納めている残存金額が戻ってくることになります。クルマの買取が決まったと言っても即保険を解約することはリスクが高いです。当たり前ですが、すぐに契約解除すればその分返還される保険料は増加しますが、もしも車買取店が離れた地域にあり、自ら運んで行くということになった際は保険なしで車の運転をする必要があります。緊急事態を想定してもう自分で自動車の運転をしないと言い切れる時まで保険の解約の手続きはされないようにする必要があります。クルマを手放して新たな車両を買うのでしたら良いですがもし長い間乗らないような状況が続き任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない期間が存在する場合以前に加入していた時の保険の等級が下がるため保険料の金額が増額されます。こういった状況は「中断証明書」を発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」で、10年までは無保険になる前の保険の等級を継続することができるのです。また、13ヶ月以内ならば発行することができますので現在車を売却済みで「中断証明書」という書類を発行してもらっていないのでしたら、保険会社や保険代理店にそのことを伝えるようにしましょう。仮に他のクルマを買うことになって、購入した後に以前乗っていた中古車を買取依頼するのであれば、任意保険は片方のみになります。更新という対応になるため運転をする予定の愛車でしたら処分まで注意しなければなりません。さらに任意保険は車種により価格がそれなりに違ってくるので中古車買い取りのさいは任意保険そのものを検討してみるチャンスといえます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.pechanphotography.com All Rights Reserved.