www.pechanphotography.com

どこにでもある初めての方向けの外国為替証拠金取引の書籍では「マイナスになった時はナンピンを入れることによって平均の価格を下げることができる」と記述されていますがそれには目に見えない罠が潜んでいます。まず最初に、ナンピンの手法について説明しておこう。仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いですのでドル高に推移するほど黒字が大きくなりますが、不幸にして1ドル=95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。このままの場合持ち続けたとしたら、利益がでるためには損した分円安が進まなければなりません。誰もがみんな、マイナスは早急に戻したいと願うでしょう。それを解決するためはじめに買ったのと同額分の$(ドル)を、1ドルを95円で取引します。それによって、平均の買い付け価格は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。要するに、2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば、赤字を回復できます。これが、ナンピン買いの仕組みです。こういうふうに、ナンピン買いの仕組みを理解すると「なるほど」という気分になるが市場はそう簡単に問屋を卸しません。そもそも、95円が底値だということなど、誰もわからないのである。仮定として、マーケットがかなりの円高基調だとすれば、1ドル=95円では収まることなく、さらにドル安になる確率があります。仮に、97円50銭でナンピン買いをして、1ドル=95円まで円高になったらナンピンを入れた分についても、損失が生じます。この状態では、一番初めに取引したドルと一緒に、更なる損が生まれます。それゆえ、ナンピン買いは難解です。それでは、外国為替市場が自分の台本とは別の方向にみるみる向ってしまった場合、どういう術で危機の確率を管理すればいいのでしょうか。ここで選べる選択肢は2つだけあります。まずひとつは観念して、ポジションを閉じる事です。もうひとつは今現在、自分が持っているポジションを少なくして市場が回復するのをひたすら待ち望むことです。ずいぶん控えめな手段だと考える方もいます。しかし、自分の持っている買いポジションに為替差損が生まれた時効果のある方法はこれ以外にはありません。勿論、ロジックとしては、ナンピン買いする手法もあるように思える。しかしナンピンは、自分か損をしている状態でポジションを小さくするどころか逆にポジションを重ねていく対策です。それでは、危険性を管理することなど不可能だと考えるべきです。ナンピンをしていけばいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。だけど、それより先にお金が足りなくなってしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.pechanphotography.com All Rights Reserved.