見分けるといいか?」といってはみたものの

契約店舗でみなの契約カードが決済可能なのでもない▽カード会社の加入店はおおむね、二つ以上のクレジットカードサービスと契約しているわけですが不便なことに全てのお店であらゆるタイプのクレジットカードが使えるのではありません。ボニック

例をあげれば以前からあるお店の際にはJCBの印の付いたそのカードしか決済できない場合もあるし、近頃の商店ならばVISAやMasterCardのロゴの入っているカードしか使用不可な場合もあります。目やにが出る猫の病気

ディスカバーカードに類するクレカだったら、増して切れない状況が増えるのではないでしょうか。カードローン審査-電話なしで借りれる金融の比較

どの印のクレカが決済可能かというのをどのように見たらいいんだろう「じゃあいかにして何の印のカードが使用可能かというのを見分けるといいか?」といってはみたものの、きちんとしたことを知るには店舗の人にお見せしてみるのみしかないというのが実はその答えです。

とはいえおおよそのお店やショッピングセンターにはお店の入口のところに使えるクレカ会社のサインがプリントされた認証マークが貼られているから、「そうなんだここのレストランではダイナースカードが決済できるのだな」という感じで分かりやすくなってるから確認しておいてもらえると思います。

というものの、正確に案内が出来ていない加盟店舗で使うときには、ロゴシールが貼られている店舗でも「今はお持ちのカードはご使用いただけません」なんて回答をされてしまうなどということもあるため、頭が真っ白になってしまう場合だってあるでしょう。

そこで、できる限り十分な数の加盟店で有効であるようにしようとすると異種のマーク(海外マーク)がある一般的なVISAカード、MasterCard、JCB、ダイナースカード、ライフカード、などのクレジットカードを2枚以上申し込んでおくようにするとよいと思います(例えば:ライフカードをいつも使っているならもう一枚はアメックスがついているクレカを使用するとする等)。

もっぱら海外に出ないならVISAカード、マスターカード、JCBの3つのロゴが入ったクレカを常に財布に入れておけばほぼ日本全土のカード決済可能店舗で少なくとも1枚のカードを差し出すことができます。

カードを使いこなして有効にキャッシュレス生活を目標とするのであれば、言うまでもないがどんな場面でも支払い可能なクレジットカードを契約しておいて損はないでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.pechanphotography.com All Rights Reserved.